AI投資情報プラットフォーム

さくらインターネット(3778)分析

さくらインターネット(3778)分析を行いました。事業内容としては、ハウジングサービス・専用サーバサービス・レンタルサーバサービス・VPS・クラウドサービス・その他サービスがあります。データセンター市場の堅実な成長を背景に安定感を保ちながら、IoT・AIといった分野への投資も行っています。

分析日時: 2018-04-15

1. 会社概要

  • 銘柄コード: 3778
  • HP: https://www.sakura.ad.jp/corporate/
  • 業種: 情報・通信
  • 代表者名: 田中 邦裕
  • 設立年度: 1999年8月17日
  • 時価総額: 294億円
  • 市場: 東証1部
  • 従業員数(単独): 411人
  • 従業員数(連結): 564人
  • 特色: データセンター運営の業界大手。ベンチャーや小口顧客の比率高い。AI、IoT関連も育成中
  • 参考: YAHOO! ファイナンス

2. 事業内容

事業内容は以下の通り

  • ハウジングサービス
  • 専用サーバサービス
  • レンタルサーバサービス
  • VPS・クラウドサービス
  • その他サービス

4b5ae2513599218e6124d86e058c9c77.png
引用: さくらインターネット2017年3月期 通期決算説明会

adad2aeb61106e8190dec1dd339c5173.png
引用: さくらインターネット2017年3月期 通期決算説明会

2.1 ハウジングサービス

当社グループが運営するデータセンター内に、顧客所有の通信機器類を自由に設置できるスペースと、インターネット接続に必要な回線や電源などを貸与するサービスです。
引用: 第18期 有価証券報告書

首都圏内データセンター増加により価格競争の厳しい状況が続いています。H29通期、H30第3四半期とも厳しい状況と言われています。H29通期では前年比4.2%減。H30第3四半期は前年比2.1%増ではありますが、連結子会社としたアイティーエム株式会社の売上貢献によるものです。

2.2 専用サーバサービス

当社グループが所有する物理サーバを、専用で利用できるサービス(「さくらの専用サーバ」など)です。独自にサーバの設定が可能であることや、ソフトウエアのインストールに制約が無いことなど、レンタルサーバサービスと比べて自由度の高い点が特徴です。
引用: 第18期 有価証券報告書

「さくらの専用サーバ高火力シリーズ」の提供により好調です。H29通期は売上高前年比10.1%増。さらに、スーパーコンピュータ案件の提供開始もあり、H30第3四半期は売上高前年比35.1%増となっています。

2.3 レンタルサーバサービス

当社グループが所有する物理サーバを、複数の顧客が共同で利用するサービス(「さくらのレンタルサーバ」など)と、専用で利用できるサービス(「さくらのマネージドサーバ」)です。サーバの設定やソフトウエアのインストールに一定の制約がありますが、専門知識を要するサーバのメンテナンスなどは当社グループが代行いたしますので、顧客の作業負担が大幅に軽減される点が特徴です。
引用: 第18期 有価証券報告書

既存サービスのバージョンアップ等を継続し着実にユーザー数を伸ばしH29通期は売上高前年比6.0%増。オプションサービス提供や機能改善を行い、H30第3四半期は売上高4.4%増となっています。

2.4 VPS・クラウドサービス

仮想化技術により、物理サーバ上に複数の仮想サーバを構築し、そのひとつひとつが専用サーバのように利用できるサービスです。基本的に仮想サーバ1台ごとの単体契約となるサービス(「さくらのVPS」など)と、契約の中で複数台サーバのお申し込みとそのネットワーク設定を可能とし、日割や時間割での課金が可能なサービス(「さくらのクラウド」など)があります。物理サーバよりも自由度が高く、優れたコストパフォーマンスが特徴です。
引用: 第18期 有価証券報告書

VPSサービスやクラウドサービスの新規機能の積極的な追加やキャンペーン実施により新規顧客増加、既存顧客の利用増加を図り、H29通期売上高36.1%増。H30第3四半期は連結子会社としたビットスター株式会社の売上貢献もあり26.5%増となっています。

2.5 その他のサービス

前述の主たる業務に付帯するサービスです。
引用: 第18期 有価証券報告書

スポットで発生した機材販売やドメイン取得サービス及びSSL取得サービスが好調に推移したことを中心に売上が増加しました。連結子会社となったエヌシーアイ株式会社の売上貢献によりH29通期は売上高前年比44.6%増となっています。また、連結子会社としたアイティーエム株式会社やビットスター株式会社の売上貢献により、H30第3四半期は売上高前年比105.4%増加しています。

3. 財務分析

売上高が着実に伸びています。レンタルサーバやVPS・クラウドサービスの着実なユーザー数増による売上高増加が安定している印象です。ハウジングサービスがここ最近調子が悪いですが、専用サーバサービスの売上高は好調に推移しています。

4. 事業戦略

d04d1e5c43db7e55028243c193cf1756.png
引用: さくらインターネット2017年3月期 通期決算説明会

IoT、AI技術によりデータ量が膨大になり、その受け皿となるデータセンターの利用が増加している。

4.1 IoT分野

さくらIoT Platformを展開。低単価だが母数の多い広義のコンシューマ向けIoT領域に注力しています。2015-2020で成長率予測は15%となっています。

4.2 高火力コンピューティング

非IT企業への提案も強化しています。直近だと三井住友海上へ提供しました。(ビッグデータを活用したAI開発)

3cdf06262322b2b41a6a907bef9fbb5b.png
引用: さくらインターネット2017年3月期 通期決算説明会

4.3 AI分野

NVIDIA社の最新GPU搭載モデル提供開始「Tesla V100モデル」(高火力シリーズ)
拡張性にすぐれた石狩データセンター3号棟を活用(2017年11月稼働開始)

4.4 フィンテック分野

5f574b5860d497896553a36eab2341cf.png
引用: さくらインターネット2017年3月期 通期決算説明会

テックビューロ社との協業でプライベート・ブロックチェーンのクラウド化技術「mijinクラウドチェーン」の実証実験環境のインフラサービスとして「さくらのクラウド」を提供しました。 参考: mijon
ブロックチェーン関連銘柄として注目されました。

5. その他

【対談】さくらインターネット田中邦裕社長 ブロックチェーンは破壊的イノベーションであり、社会は既に変化し始めている より

さくらインターネットはアプリケーションの基盤を創り、ブロックチェーンのプラットフォームも提供するとのことです。

われわれはアプリケーションを開発する会社ではありませんが、アプリケーションを増やす努力は必要なんですね。そのためにAIやブロックチェーンでも利用していただける基盤を作っています。これは間違いなく爆発的に伸びる領域ですから。
最近流行りのプライベートブロックチェーンに関して言えば、そこにポイントを載せるシステムを作りたいとか、もしくはスマートコントラクトを使いたいとか、ブロックチェーンを使いたい方々はこれから確実に増えます。なので、アプリケーションをわれわれが作らないものの、その寸前まではお膳立てをしよう、準備をしておこうと。

引用: 【対談】さくらインターネット田中邦裕社長 ブロックチェーンは破壊的イノベーションであり、社会は既に変化し始めている

さくらインターネット的にはブロックチェーンは伸びると思っているようです。

−−−田中社長は実際にブロックチェーンを触ってみて、技術者の視点でどう思われましたか?
田中:これは簡単だなと。
廣末:何と比較して簡単だなと思ったんですか?
田中:要は、プログラミングをする観点ですよね。ソフトウェアも作ったことがありますけど、いろんなものをつくるじゃないですか。
廣末:ええ。
田中:その時はやっぱり適応が難しいものや、簡単なものがあるんですよね。はじめてデータベースを使った時、SQLを覚えるのが大変でしたから。その点ではブロックチェーンはそんなに難しくないんですよね。APIもありますし、それを素直に叩けばトランザクションが作れる、チェーンが伸びると。他の技術に比べると、非常にわかりやすいストラクチャだと思います。
廣末:なるほど、ありがとうございます。今回インタビューさせていただいて、非常に楽しかったです。
 僕らは、ビットコインの技術に感激しちゃって、これはもう第2のインタ-ネットでしょと思いながら日々ワクワクしながらやってるわけですけど、なんかこう怪しげな企業のように思われることがまだあって。(苦笑)
田中:インターネットも最初、うさんくさいと思われてたんですよね…。
廣末:いや、本当そうです。インターネットの初期を考えると、女子が寄り付かないから逆に市場的に発展余地あり、みたいなところもあったりして。完全にオタクの世界です(笑)。

引用: 【対談】さくらインターネット田中邦裕社長 ブロックチェーンは破壊的イノベーションであり、社会は既に変化し始めている

参考文献

さくらインターネット | YAHOO! ファイナンス
IRライブラリ| Sakura internet
平成30年 第3四半期報告書
2018年3月期 第3四半期 決算説明会
平成29年 有価証券報告書
2017年3月期 通期 決算説明会
さくらインターネット | stockclip
これから熱い!?ビットコイン・仮想通貨関連銘柄株とは
【対談】さくらインターネット田中邦裕社長 ブロックチェーンは破壊的イノベーションであり、社会は既に変化し始めている

関連記事

こちらの記事もおすすめ

Medium %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 07 15.20.26

【楽天(4755)】下落がつづく株価、楽天の2018年度2Q決算でしめされた逆転の可能性とは

楽天が8月6日に発表した、2018年度第2四半期の決算内容をすこし分析してみました。 下落が続いていた株価をたてなおすには、携帯事業の先行き、投資・金融事業の継続成長、EC(物流・決済)での新たな打ち手が鍵になりそうです。

Medium %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 22 15.39.28

【メタップス(6172)】海外の売上比率が6割超え!ファイナンス事業が好調のメタップスの事業

メタップス(6172)の分析を行いました。代表取締役の佐藤さんは、「お金2.0」の著者としても有名であり、ブロックチェーン技術やトークンエコノミーにおいて第一線をいく人であります。実際にタイムバンクなど革新的な概念のサービスを展開しており、

Medium %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 14 17.37.55

【セレス(3696)】Coin Checkの売却益などで営業利益は前年同期比+244%!セレスの決算まとめ

セレスはモバイルポイントサービスの提供を行なっている企業です。2018年2Q決算がコインチェックの売却益などで大幅増益をとげており、その内容をまとめてみました。仮想通貨事業への投資も積極的に行なっており、これまでの事業とのシナジーから今後も

Medium %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 10 11.52.49

【インフォテリア(3853)】買収コストで減益も、当期利益は通期計画の60%の進捗!インフォテリアの事業戦略

インフォテリア(3853)の分析です。データ連携用ソフトウェア「ASTERIA」などを中心に企業向けのミドルウェアを提供しています。2015年からテックビューロと事業提携をしており、ブロックチェーン技術の実証実験やコンサルティングサービスを