AI投資情報プラットフォーム

日清紡(3105)名前は知ってるけど何をやっている会社かわからなかったので事業内容を自然言語処理してみた

「日清紡〜名前は知ってるけど〜♪何をやってるか知らない〜♪」ということで日清紡の事業内容を自然言語処理をして見ました。

企業概要

銘柄コード: 3105
HP: https://www.nisshinbo.co.jp/
業種: 電気機器
代表者名: 河田 正也
設立年度: 1907年2月5日
時価総額: 2,227億円
市場: 東証1部
従業員数(単独): 219人
従業員数(連結): 23,104人
特色: 綿紡績名門。ブレーキ摩擦材はM&Aで世界トップ。半導体や防災無線も。不動産が安定収益源

以下CM YouTube。

cm可愛くて好きです。自分で何をやっているかわかりにくいっていっちゃうところも好きです。(一つも説明できない〜みたいな歌詞は笑う)

自然言語処理をしてみる

自然言語処理してました。そして日清紡の独自性が強いワードを大きく表示して見ました。

ba8ab389ebe332bed3bc6920ef3caa84.png

自動車関係、新エネルギー、マリン、環境系とかのワードは出てきています。(結局何をやっているのかいまいちわかりません

一応ちゃんと決算資料などを見てみる

43053d7028c1132fe8715d4fc09fce5c.png

adbe0d285c8d3a5bc3c4bcfb2bdfadac.png
引用元: 2018年3月期決算説明資料

  • エレクトロニクス
  • 自動車ブレーキ
  • 精密機器
  • 化学品
  • 繊維
  • 不動産

事業を行なっています。エレクトロニクス事業と自動車ブレーキ事業がメインの売上、収益源のようです。

特に、上の自然言語処理の結果に先端運転支援システムとありますが、優れたセンサーとブレーキ機能が武器なようです。
特に自動運転ではセンサーとそれに伴うアクチュエーター(ブレーキの駆動など)は重要技術であり、今後も大きく伸びることが期待されます。

売上高や営業利益率も改善しています。

その他指標や情報は以下の企業ページをご覧ください。
日清紡ホールディングス企業ページ

参考

関連記事

こちらの記事もおすすめ

Medium %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 22 15.39.28

【メタップス(6172)】海外の売上比率が6割超え!ファイナンス事業が好調のメタップスの事業

メタップス(6172)の分析を行いました。代表取締役の佐藤さんは、「お金2.0」の著者としても有名であり、ブロックチェーン技術やトークンエコノミーにおいて第一線をいく人であります。実際にタイムバンクなど革新的な概念のサービスを展開しており、

Medium %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 14 17.37.55

【セレス(3696)】Coin Checkの売却益などで営業利益は前年同期比+244%!セレスの決算まとめ

セレスはモバイルポイントサービスの提供を行なっている企業です。2018年2Q決算がコインチェックの売却益などで大幅増益をとげており、その内容をまとめてみました。仮想通貨事業への投資も積極的に行なっており、これまでの事業とのシナジーから今後も

Medium %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 10 11.52.49

【インフォテリア(3853)】買収コストで減益も、当期利益は通期計画の60%の進捗!インフォテリアの事業戦略

インフォテリア(3853)の分析です。データ連携用ソフトウェア「ASTERIA」などを中心に企業向けのミドルウェアを提供しています。2015年からテックビューロと事業提携をしており、ブロックチェーン技術の実証実験やコンサルティングサービスを

Medium %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 08 07 15.20.26

【楽天(4755)】下落がつづく株価、楽天の2018年度2Q決算でしめされた逆転の可能性とは

楽天が8月6日に発表した、2018年度第2四半期の決算内容をすこし分析してみました。 下落が続いていた株価をたてなおすには、携帯事業の先行き、投資・金融事業の継続成長、EC(物流・決済)での新たな打ち手が鍵になりそうです。